青山・表参道・神宮前・港区・渋谷区の賃貸物件・賃貸マンション・売買物件・仲介戸建・仲介土地は青山リアルホームにお任せください。
賃貸物件 売買物件 テナント募集 不動産査定依頼 青山リアルホームのブログ

青山リアルホーム株式会社



〒107-0062
東京都港区南青山2-27-21
ジークス青山ビル7F
TEL 03-5785-3637
地名の由来
青山(Aoyama)とはどこから地名が付いたのでしょうか?
西暦1591年 天正19年 徳川家康 の譜代の重臣の青山忠成が原宿村を中心に、赤坂の一部から上渋谷村にかけて屋敷地として拝領しました。
当時は武家の敷地に町村名を付けることが許されなかった為、明治時代の初めまで正式な名称ではありませんでしたが、庶民の間で便宜上『青山』と呼ばれていました。
後にこの青山家の屋敷があった跡はその大部分が青山墓地に形を変えました。 明治以後『青山通り』の北側を青山北町、南側を青山南町と呼ぶようになり現在の北青山、南青山という地名になっています。
青山通り
現在の『青山通り』(国道246号線)も最初からその名前が付いていたわけではありません。
江戸時代には厚木街道と呼ばれており、五街道に次ぐ重要な街道とされていたようです。 明治時代に入り急速な交通機関の発達により大幅な道路改正計画が公示されましたが、日清戦争が起きたため実施が延期されました。
一方で明治37年には三宅坂から青山4丁目まで路面電車が開通し、人々の足として青山を駆け抜けていました。
現在青山を通る路線はどれも地下鉄ですがその中で最も古くから通っているのが銀座線です。
昭和13年にはまず表参道~渋谷間で運行が始まり、続いて表参道~虎ノ門間が開通する運びとなりました。翌14年には全線が開通しました。
太平洋戦争によって青山の街は焼け野原と化しましたが、その後様々な形で復興を目指し、そのターニングポイントとなったのが昭和39年の東京オリンピックです。
国立競技場をメイン会場とするオリンピック開催のため大幅な道路拡張工事が続き「青山通り」は22メートル幅から一気に40メートル幅の道路に整備されました。
昭和43年には約70年間親しまれてきた路面電車が姿を消しました。
青山(Aoyama)ってどこからどこまで?
青山(Aoyama)の地域的な定義は曖昧です。
どこからどこまでが青山という概念はなくおおよその地域を指して呼んでいます。
エリアが曖昧なその一番の大きな理由は『青山』(Aoyama)が持つブランド価値だと思います。
たとえば青山(Aoyama)より少し離れた場所で新築マンションを分譲する場合、マンション名に青山を入れることによって付加価値をあげています。
住所は赤坂○丁目だがマンション名は○○○○○青山、渋谷駅に近いマンションですが名前は○○○青山・・・という風に。
カフェや美容院も『青山店』、オフィスでは『青山支店』と呼びたい気持ちもわかります。
青山の中心はどの辺りか?と聞かれれば表参道駅周辺と回答すれば間違いはありませんが、実際には東は青山一丁目駅の近くの赤坂7・8丁目、南は乃木坂や西麻布の一部、西は渋谷の宮益坂(渋谷区渋谷)の入り口辺り、北は原宿・千駄ヶ谷の一部が含まれています。
ちなみに表参道駅周辺の半分は渋谷区神宮前の住所です。
ファッションの街
時代と共に変化はあるものの、ファッションの街という印象は根強いです。
青山=ファッションといっても言い過ぎではありません。
1963年VANのオープン以来70年代のNICOLやBIGI、80年代のコムデギャルソン、ヨージヤマモトなど、時代を代表するブティックが青山にそろったことでもその印象が植え付けられたようです。
表参道交差点を中心に根津美術館に抜ける「幸(みゆき)通り」には有名ブティックから高級インポートブランドのショップが入った複合ファッションビルがズラリと並び、表参道を原宿側に向かって左右のテナントは世界屈指のブランドが競合する青山のファッションバトルをリードしています。
また骨董店が軒を連ねることからその名の付いた「骨董通り」(正式名称は高樹町通り)も現在ではファッションストリートと化しています。
青山の街のイメージ
青山(Aoyama)は雑誌やテレビ等では「お洒落な大人の街」や「ファッション情報発信地」としてよく紹介されます。
またアパレル系のショップやオープンテラスのカフェがいたる所にあり、映画やテレビドラマの撮影は日常茶飯事で、外国人モデルや著名人、芸能人などによく遭遇するそんな街でもあります。
一方、青山は世界の超一流企業や日本のトップ企業も混在するビジネスの街の面もあります。最近のIT関連の急成長企業や外資系金融企業も青山で育っています。
カジュアルな格好、スーツにアタッシュケース、カフェでモバイルなど、どんなスタイルでも良くマッチします。
その反面では、一歩裏道に入ると普通の住居等も意外に多く、都内でも有数の緑地帯で、池や川などもありメダカも生息しています。
昔ながらの手動のポンプ式井戸もいまだにあります。
お寺や寺院も結構多く、史跡や歴史的に重要な興味深いものもたくさんあります。
青山は想像を超えた色んな表情を持ち、老若男女誰が来ても飽きない街です。
建  物
病  院
ショップ
スーパーマーケット:
大 使 館
金 融 機 関
飲 食 店 等
学  校

ページトップへ
表参道 外苑前 青山一丁目 赤坂見附 赤坂 原宿 千駄ヶ谷 六本木 乃木坂 麻布十番 渋谷 恵比寿 代官山 中目黒 広尾 代々木 代々木上原